2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
Championship Reports
競技報告
【ティーショットが不調の川岸は一歩後退にうなだれる】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y. Watanabe
「うーん」と唸りながらインタビューにやってきた。「ティーショットがねぇ」と、うなだれる。「本当にティーショットが悪かった。それに尽きますね。ボギーのほとんどの原因は、ティーショットのミスですね。そこで第2打を無理して狙うと、昨日のようにいい結果が得られないですから、問題は、フェアウェイにどれだけ(第1打を)乗せられるかですね」と言う。

出だし10番でいきなりボギーのあと、13、16番とバーディ。さらに折り返して1番でもバーディ。一時は、谷口と切迫したプレーが続いた。ところが、ティーショットの不安定さがスコアを縮めてくれなかった。3、6、7番でボギー。5、9番とバーディとし、結局1アンダー
パー、70でホールアウトした。

「練習場にいかないと……あれ、昨日も同じこと言ってますよね(笑)」残り2日間。「ティーショットの成否に尽きますね。これさえなんとかなれば……」と、それでも笑顔でクラブハウスに戻った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約