2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
Championship Reports
競技報告
【66のベストスコアをマークした谷口徹が通算-4で単独首位に浮上】
第2日 競技報告:JGA    写真:Y. Watanabe
寺西 明
プラヤド・マークセン
2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権は13日、北海道苫小牧市のニドムクラシックコースニスパコースで第2ラウンドを行った。コース内に霧が立ち込める中でスタートしたこの日のラウンド。その霧を物ともせずに大きくスコアを伸ばしたのは、日本プロゴルフ選手権との同年ダブルタイトル獲得を狙う谷口徹。10番ホールからティーオフした谷口は、12番でダブルボギーを喫したものの、13番のバーディで息を吹き返すと、15番から連続バーディで波に乗る。後半も4バーディを奪った谷口は、この日のベストスコアとなる66でホールアウト。通算4アンダーパーにスコアを伸ばして10位タイから単独首位に浮上した。1打差の2位には3アンダーパーをマークした寺西明。通算2アンダーパーの3位に金鍾徳、通算1アンダーパーの4位に川岸良兼がつけている。

3連覇を狙うプラヤド・マークセンは、5バーディ・2ボギーの68でホールアウト。通算イーブンパーで首位と4打差の5位に順位を上げて、明日のムービングデーを迎える。
なお、この日カットが行われ、通算11オーバーパーの59位タイ65名が後半のラウンド進出を決めた。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約