2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
Championship Reports
競技報告
【2位タイに踏みとどまった川岸良兼は「奇跡的なゴルフとスコアだった」】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Y. Watanabe
前半の川岸良兼。ティーショットは曲がり倒していた。「もう30年以上ゴルフをやっているのに、ここまで曲がるかって感じ。ラフや林ばっかりだもんね。でも、そういうゴルフに慣れちゃったし、さんざトラブルショットをやってきたから、そこからフックボールを打ったり、高い弾道のショットにしたり、技の引き出しの多いこと。我ながら、上手いもんでした。ガハハ…。パッティングも上手かったし、アクロバティックで奇跡的なゴルフ、奇跡的なパープレーだったですね。若い頃は、こんなゴルフをしたら胸が痛くなっていたけど、今は、これもゴルフって楽しんでいますよ。ガハハ…」

笑い倒す川岸がいた。最終ラウンドは、最終組でのマーク
センとの対決となる。「まあ、僕のティーショット次第でしょう。マークセンは、ティーショットがうまいし、いや、全部上手いか。それじゃあ、勝負にならない…なんてこと考えず、気持ちよく振り切れるように、ちょっと調整しておきますよ。ラフに打ち込んだら? “あそこから、そんなショットができるのか”って、驚かせてやります。ガハハ…」

怪物といわれた川岸。長いスランプを乗り越えて、いま、最高にゴルフを楽しんでいる。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約