2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
Championship Reports
競技報告
【大本命マークセンがついに単独首位に】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Y. Watanabe
スタートからいきなり3連続バーディ。3連覇のかかる本大会でプラヤド・マークセンが怒涛の追い上げをかけてきた。ショットが冴える。パットが決まる。昨年大会では、第1ラウンドに63という爆発的なスコアで飛び出し、そのまま逃げ切ったが、今大会は3オーバーパーの74とスタートは出遅れ感があった。それを第2ラウンドにイーブンパーまで戻し、第3ラウンドには、どんなゴルフを見せるのかと注目されたものだった。いきなりの3連続バーディは、大爆発スコアを予想させた。

続く4番(パー3)で風にいたずらされた。「打つ時に、急に風向きが変わって…。でも、もうスウィングにはいっていたからそのまま打ったらグリーンをはず
してしまって」。アプローチショットも寄らずに、勢いにブレーキが掛かるボギーになってしまった。「本当は、今日はこのまま突っ走れるのかな…なんて思っていたのですが、“調子に乗りすぎるなよ”とコースに言われた気がした。そこから、もう一度気持ちを立て直し、丁寧にプレーしていくことにした」
ということで、マークセンのゴルフは、急発進から慣らし運転状態になって後半に向かった。10番で3連続以来のバーディをとると、再びアクセルを踏み込んだ。そして、15、16番を連続バーディとして単独トップに立ち、そのままホールアウトした。この日は4アンダーパーの67。ホールアウトしてみれば、2位に3打差をつけていた。
「仕切り直しをしたら、またショットの調子がよくなってきた。最終ラウンドは、これを教訓にして攻めすぎないように、冷静にプレーしていく。天気しだいではあるけれど、きっと良いプレーができると思う。最高の結果になることを自分でも期待しています」

第3ラウンドをアンダーパーでホールアウトした選手は4人だけ。マークセンを除く3選手は1アンダーパーの70だった。それだけに、マークセンの第3ラウンドのベストスコア67は飛び抜けていた。どうやら一人だけのムービングデーだったようだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約