2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
Championship Reports
競技報告
【マークセンが通算-4で3連覇に王手をかける】
第3日 競技報告:JGA    写真:Y. Watanabe
2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権は14日、北海道苫小牧市のニドムクラシックコースニスパコースで第3ラウンドを行った。通算4アンダーパーの単独首位でムービングデーを迎えた谷口徹。1打差2位につけた寺西明の最終組。11時47分にティーオフした2人はともにバーディ発進を決めて、スコアの伸ばし合いの展開に期待をもたせた。しかし、ここまで抜群のショット力とパッティングを見せてきた谷口が2番でボギーを叩くと、4番、6番でもスコアを落としてしまう。一方の寺西も前半をパープレーと足踏みが続き、試合は混戦模様を呈してきた。その中で、スコアを伸ばしたのが首位と4打差の5位でスタートしたプラヤ
ド・マークセン。マークセンは出だしから3連続バーディを奪うと2ボギーを打ったものの前半を1アンダーパーで終えると、10番に続き、15、16番の連続バーディで、この日67でホールアウト。通算4アンダーパーで後続に3打差をつけて、単独首位に躍り出て大会3連覇に王手をかけた。マークセンを追うのは、谷口、寺西、川岸良兼、金鍾徳の4人。鈴木亨ら3人が首位と5打差の6位タイから打倒マークセンを目指して、明日の最終ラウンドに臨む。
なお、明日の最終ラウンドは7時10分に第1組がティーオフの予定だ。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約