2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
Championship Reports
競技報告
【最終ラウンド最終組が雨の中、ティーオフ】
第4日 競技報告:JGA    写真:Y. Watanabe
北海道苫小牧市のニドムクラシックコースニスパコースで開催している「第28回日本シニアオープンゴルフ選手権」。最終ラウンドは雨の中で競技が進んでいる。通算4アンダーパーで単独首位のプラヤド・マークセンと3打差2位タイの川岸良兼の最終第33組は、11時42分に1番ホールをティーオフ。本年の男子シニアゴルファー日本一を決する争いは、最後の18ホールに入った。川岸とともに3打差でマークセンを追う谷口徹と金鍾徳は第32組、同じく2位タイの寺西明は、2年連続2位タイとあと一歩で戴冠を逃している鈴木亨と第31組で最終ラウンドをスタートしている。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

⚫第4ラウンドの模様はNHK BS1で13時から15時50分まで生放送の予定です。

⚫リアルタイムスコア速報や選手位置情報は、日本ゴルフ協会公式アプリでもご覧いただけますので、アプリストアで「日本オープンゴルフ」を検索の上、アプリをダウンロードしてお楽しみください。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約