2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
Championship Reports
競技報告
【4回目の挑戦で自身初のローアマチュアに輝いた亀井隆】
第4日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
亀井隆が本選手権4回目の挑戦で、自身初の予選通過を果たし、ローアマチュアにも輝いた。最終ラウンドは雨で、ずぶぬれになりながらも「うれしい」と素直に喜んだ。この日はローアマチュアを争う木田正彦に7打差をつけてのスタートで、ほぼローアマチュアは当確のように思えたが、本人に「余裕はなかった」。「このコースで7打差はあってないようなもの。ゴルフは何が起きるかわからない」と緊張しながらのプレーだった。前日の最終ホール(パー4)では「7」を叩いており、気を緩める余裕はなかった。

亀井は昨年の日本シニアゴルフ選手権競技で2位に入っており、本選手権の出場資格を得ており、準備をする期間があった。この大会の
ために「パッティングの練習をしてきた」。ただ、コースのセッティングは距離が長く、ラフは深いと「これまで40年以上ゴルフをしてきて、こんなに難しいコースはない。一番難しいセッティングだった」と手を焼いた。幸いドライバーショットの調子が良く、「フェアウェイキープが大事」という通りにプレーすることができて見事に予選を通過することができた。だが難しいコースに加え、雨、風と難しいコンディションも重なり、徐々にショットも曲がりだし、「スウィングもおかしくなってきた」と不安要素が増えてきた。体力も消費してきたことも影響したかもしれない。

第4ラウンドではバーディを奪うことができず、スコアを落としたが、それは他の選手でも同じだった。耐え忍んでのローアマチュア獲得は本人も格別の味があるだろう。今後は「日本シニアは2位が2回でまだ獲っていない。勝てるように頑張りたい」と日本シニア(10月24日~26日、くまもと中央CC)に向けてさらに邁進する。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約