2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
Championship Reports
競技報告
【3位タイに食い込んだ米山は「よく耐えた」】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
通算3オーバーパーの11位タイでスタートした米山剛は、前半の9ホール、ずっとパープレーを続けていた。「よく耐えたと思います。ほんとすごい状態でしたからね」と言った。その耐えるゴルフを教えてくれたのは、今年の全米シニアオープンだった。「いやー、滅多打ちにされましたからね。セッティングが、今回の日本シニアオープンと似ていて、深いラフだし、もうちょっと距離も長くて、なかなか自分のゴルフをさせてくれませんでしたからね。惨敗でした。でも、敢えて言えば、そういう経験値を、ついこの間(6月28~7月1日。マサチューセット州セーラムCC)積んできたことが少しは役立ったのかなと思います」

米山が、この日初
めてバーディを獲ったのが、後半10番だった。それも13メートルが入ってのものだ。「12番は、今日はとっても難しかったですね。僕は、第2打をミスして池に入れてドロップ。3メートルを入れてナイスボギーでした」15番で、4メートルを入れてのバーディ。そして18番で、ピン横1.5メートルをしっかりと沈めて、通算1オーバーパー。3位タイでホールアウトした。
「最後のバーディが嬉しいですね。実は、全英シニアオープン(7月26〜29日)にも出場する予定なんですよ。今年は、セントアンドリュース オールドコースで開催するんですが、僕は、2000年の全英オープンでセントアンドリュースに行っているんです。ですからどうしても行きたいなと思っているんですが、下世話な話ですが、この3位タイの賞金で経費がかなり助かります。いや、ホントに助かります」と嬉しそうに語った。キャディは、今回も帯同した竹本直哉プロがバッグを担ぐことになっている。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約