JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【西郷真央が通算-16で逆転初優勝を果たす】
第4日 競技報告:JGA 写真:Y.Watanabe
西郷真央
後藤未有
2019年度(第61回)日本女子アマチュアゴルフ選手権は28日、愛媛県エリエールゴルフクラブ松山で最終ラウンドを行った。

早朝の霧でスタートが危ぶまれる中、午前6時過ぎには霧も晴れ、定刻7時に第1組がティーオフしたこの日。通算14アンダーパー単独首位でスタートした和久井麻由は、出だしから連続ボギーの不穏な立ち上がりで、2打差2位につけていた西郷真央に並ばれてしまう。その後、和久井は4、5番の連続バーディで西郷を突き放しにかかるも、西郷も負けじと5番(パー5)のバーディで食い下がる。西郷は、8番(パー3)でもバーディを決めて、両者は通算14アンダーパーの首位タイで後半に向かった。デッドヒー
和久井麻由
トを繰り広げる最終組に割って入ったのは、2017年チャンピオンの安田祐香と日本女子オープンローアマチュアの後藤未有と小倉彩愛。

小倉が前半で3つスコアを伸ばして通算12アンダーパー、後藤も後半4つスコアを伸ばして、最終組の2人を追い詰めていく。しかし、西郷は10、11番の連続バーディで一歩抜け出すと、その後は1バーディ・1ボギーと粘りのプレーを見せ、最終ラウンドを4アンダーパーでホールアウト。通算16アンダーパーで嬉しい初優勝を果たした。2打差の2位タイには後藤と和久井、3打差の4位に小倉、通算12アンダーパーで古江彩佳が5位入賞となった。安田は、5バーディ・2ボギーの69でホールアウトし、通算11アンダーパーで6位に終わった。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。

JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約