JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【木村太一が通算-10で逆転初優勝を果たす】
第4日 競技報告:JGA 写真:Y. Watanabe
2019年度(第104回)日本アマチュアゴルフ選手権は12日、三重県度会郡の伊勢カントリークラブで最終ラウンドを行った。快晴微風の絶好のコンディションとなった最終ラウンド。首位と1打差の2位タイでスタートした木村太一(COCOPA RESORT CLUB 三重白山)が3番(パー5)でイーグルを奪うなど前半で2つスコアを伸ばした一方、首位スタートの清水大成(日本大)が9番(パー3)でダブルボギーを叩くなど首位から陥落。変わって、木村を追ったのは、2打差4位タイにつけていた中島啓太(那須小川)。中島は前半で1つスコアを伸ばすと、10番から3連続バーディで木村と首位タイに並ぶ。しかし、中島も13番か
ら連続ボギーで優勝争いから脱落した。

木村は、後半11番、16番でバーディを重ね、この日1イーグル・4バーディ・2ボギーの67でホールアウト。通算10アンダーパーで逆転初優勝を果たした。2打差の2位には中島、通算7アンダーパーの3位にこの日4つスコアを伸ばした米澤蓮(東北福祉大)が入賞。清水は3バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの74と3つスコアを落とし、通算4アンダーパーの9位タイに終わった。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約