JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【本調子ではなかったものの3位入賞の米澤蓮】
第4日 競技報告:三田村昌鳳 写真:Y. Watanabe
米沢蓮は、この試合、いまひとつ調子があがらないままで臨んでいた。「大きなミスではないんです。でも、ナイスショットではないという感じです」と、アイアンショットにわだかまりを持ったまま伊勢カントリークラブに乗り込んできた。しかも、井上誠一設計のコース。砲台グリーンなど、グリーンを狙うショットの精度が求められるコースなのだ。だから、第1ラウンドも、イーブンパー。第2ラウンドで、ようやく4アンダーパーの67を出せたものの、第3ラウンドでは、1オーバーパー。攻略しきれないままで、最終ラウンドを迎えたのである。

「苦手意識をもったまま戦っていたことが、いまひとつ(いいスコアを)出しきれなかったのだと
思います。でも、今日は、調子があがらない中でも、しょうがない、なんとかしよう。クサっても仕方ないと開き直ったことがよかったのかも」と言った。
前半、1番と6番でバーディ。ノーボギーで折り返し、10、11番でもバーディで、後半もノーボギーの67。通算7アンダーパーで3位となった。

「確かに、苦労しました。アイアンが悪いと、乗ってもチャンスがつかめない。乗らなければ、叩く。攻めきれていませんでしたね。第2打で、構えたときから、不安がやってくるんです。グリーンを外したらとか、乗っても、ラインが読みきれなかったらとか」と、まさに設計家・井上誠一の不安を増長させる罠にハマってしまったことが3位に甘んじる結果になったのかも知れない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約