JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【一時首位タイの中島は連続ボギーが響き、2位で終戦】
第4日 競技報告:三田村昌鳳 写真:Y. Watanabe
敗因は?と中島啓太に質問すると「マネジメントは正しかったですし、それをしっかりと4日間やってこられました。でも、もったいない、ということでは、パット数が少し多かったと思います。あとは(終盤の優勝争いで)気持ちの弱さだったかなと」と、しっかりと語った。気持ちの弱さは、後半、10、11、12番で連続バーディを奪取したあとの2連続ボギーのことだ。「ああいうとき、もう少し間を置くとか、メモを見直すとかもするべきでしたし…」ショットがやや乱れることが、マネジメントではなく気持ちの弱さだと反省していた。

前半、8番までずっとパープレー。それでも、焦りはなかったという。「チャンスは、まだまだこれからあ
る」という気持ちでいた。それでも、随所に中島の成長を見ることができた。難しい16番。ここは左の森に向かって、ショートカットして攻めていきたいところ。そこを「自信を持って打てました」という技量とメンタル面の強さが垣間見られた。

このあと中島は、カナディアンアマチュアゴルフ選手権。全米アマチュアゴルフ選手権。そしてアジアアマチュアゴルフ選手権を目指す。昨年、金谷拓実に破れたアジアアマでの優勝は、その先にマスターズ、全英オープン出場権という拡がりがある大会だ。「もちろん、1試合1試合、しっかりとやらなければいけませんが、やっぱりアジアアマには勝ちたいです。それに向かってペースをあげていきます」と言った。

海外1ヶ月の遠征などで体重が、2キロ減った。「いまは、体重を筋肉で増やしていきたいですね。ジムに通ったり、まずはそこからですかね。体脂肪も、15、16あたりなので、もう少し筋肉がつけば……」と語る中島の視野は、すでに世界へと向かっている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約