JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【いきなりホールインワンでスタートした岡田晃平が首位タイ】
第1日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
岡田晃平は霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースの10番(189ヤード)からのスタート。7番アイアンで「軽く打って、感触がすごく良かったので、見切って」ボールの行方は追わなかった。するとグリーン奥からすごい歓声が聞こえてきた。最初は何の歓声かよくわからなかったが、「僕かな」と思って確認すると、ホールインワンだった。

ホールインワンは「試合では初めて。小学4年生ぐらいのときにプライベートで達成して、もう一生入らないかなと思っていた」という。次のホールでは3パットをして、ボギーとしたが、このスタートダッシュで勢いに乗り、そのあとも4バーディを奪い、5アンダーパー66をマークした。

先週の全国
高等学校ゴルフ選手権夏季大会では「ティーショットがダメで、今週の練習ラウンドで打ち方を変えてみた」ところ、これが功を奏してこの日はフェアウェイを外したのは2ホールだけだった。元々スウィングを変えるタイプで、今回はキャメロン・チャンプをイメージした「8の字」を描くスウィングにしたところ、「うまくはまった」。自分で「タイプが似ているかな」と思い、真似てみた。フェアウェイキープ率が上がり、「ゲームメイクできた要因」という。

彼は3年前に本選手権の男子12歳~14歳の部で優勝しており、高校に進学してからは昨年の本部門で5位タイに入っている。四国アマチュアゴルフ選手権では昨年、今年と連覇している。高校3年生の彼にとっては、本部門に勝つのは最後のチャンスだ。
「明日も手堅く60台を出せればいい。パー5で3つ(バーディを)獲れれば3アンダーパーなので」と青写真を描く。その先にあるものは優勝しかない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約