JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【ショットが好調の唐下はマネジメント通りのプレーに笑顔】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
唐下明徒は、5バーディ・ノーボギーの5アンダーパー66をマークし、岡田晃平と並んで首位に立った。この日は雷雲接近による中断が3度あり、集中力を保つのが難しかったと思われるが、それがかえって緊張することなくプレーできたのがよかったという。「同じ組の人がもともと知り合いだったり、先週一緒に回ったり、と仲良く話をすることができてリラックスできた」のも良かったようだ。

来年オリンピックの舞台となる霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースを66で回ったことに本人も「びっくり。パープレーが、いっぱいいっぱいと思っていた」と驚く。「フェアウェイもグリーンも外したのは1回ずつだけ」とショットの正確性がよかったことが、好スコアにつながった。度重なる強い雨にもかかわらず、グリーンのスピードは落ちなかったが、グリーン上での「タッチもあっていた」という。7,466ヤード、パー71という設定で、9、12、18番ホールが「長いパー4なので、攻めすぎずそこでしっかりパー」で上がればいいと考えている。コースマネージメントは、きっちりとできており、思い描いた通りのプレーができた。

去年の本選手権では8位タイの成績を残しており、「それを超えられたら超えたいが、まずは予選を通過する」ことが目標だ。明日のプレーいかんによって好位置につけられれば、目標も上方修正することになる。第2ラウンドのプレーぶりに期待がかかる。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約