JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【出入りの激しいゴルフながら首位グループと3打差7位につけた大嶋宝】
第1日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
昨年の日本ジュニアゴルフ選手権。男子12~14歳の部で優勝争いを演じながらも2位に惜敗した大嶋宝。関西高校に進学した今年は、男子15~17歳の部に初出場を果たし、部門をまたいでの連覇に気合が入っていた。その大嶋は、スタートの10番でいきなりバーディを決めたものの連続ボギーを喫してしまう。それでも13番でバウンスバックを決めると、14番でもバーディ。18番をボギーとして前半をパープレーで終える。
後半は1、5番の2つのバーディで、この日5バーディ・3ボギーと出入りの激しい内容ながら2アンダーパーでホールアウト。首位タイグループと3打差の7位と好位置につけた。「今日のバーディは、ティーショットも
フェアウェイをキープできて、5メートル以内につけたものです」と、5つのバーディには満足げな笑みを浮かべたが、「西コースは500ヤードを超えるパー4もあって、難しい」と話す。それでも2アンダーパーのスコアには、「距離が長いのに良いスコアで満足です」と納得の表情を見せた。

3兄弟で誰も獲れなかった日本ジュニアのタイトル。末弟の大嶋宝が昨年のリベンジとともに兄弟の悲願達成に、さらに気合を込めていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約