JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【本部門連覇に向けて吉沢己咲が-2で単独首位スタート】
第2日 競技報告:JGA 写真:Y. Watanabe / JGA
吉沢己咲
埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部・西コースで開催されている「2019年度(第25回)日本ジュニアゴルフ選手権 男子12~14歳の部」の第1ラウンドが終了した。昨日は、雷雲接近による3度の競技中断の影響もあり、日没のためサスペンデッド。15日7時10分から競技が再開された。

その中で出色のプレーを見せたのが、昨年大会覇者の吉沢己咲(藤岡市立北中学3年)。1番ホールからティーオフした吉沢はいきなり連続バーディを奪ったが、4番(パー3)でよもやのダブルボギーを喫する。9番でもボギーを叩いた吉沢は前半を1オーバーパーで終える。10番もボギーとなかなか波に乗れない吉沢だったが、12番のバーディ
林田直也
で息を吹き返すと、15番(パー5)、16番(パー3)でこのラウンド2度目の連続バーディを奪取。最終18番もバーディで締め、6バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの2アンダーパーでホールアウト。

2位の細谷幹(水戸市立第四中学3年)と林田直也(沖学園隆徳館中学3年)に1打差をつけて単独首位に立ち、本部門連覇に向けて好スタートを切った。

さらに1打差の4位タイには大嶋港(倉敷市立多津美中学2年)、三上優心(仙台市立八木山中学校3年)、益田航(北名古屋市立熊野中学3年)がつけ、混戦模様の幕開けとなった。
なお、第2ラウンドは、11時10分にスタートの予定。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。

JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約