JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【ホールインワンを達成も優勝には届かず…清水蔵之介】
第3日 競技報告:JGA 写真:Y.Watanabe
4番(198ヤード)で、6番アイアンで打ったティーショットは、「ベタピンについたかな」と手ごたえがあった。すると、ボールは見事にカップに吸い込まれた。清水蔵之介にとって生涯6回目のホールインワンだった。試合では初めてだった。

首位と6打差からのスタート。それでも優勝をあきらめなかった。ホールインワンで勢いに乗ると、8番ホールでもバーディを奪い、前半を3アンダーパーでターン。「ホールインワンで流れが良くなって、ボギーを打たなかった」とスコアを崩す選手が多い中、スコアを伸ばすことができたのは大きかった。ただし、後半に入ると「バーディチャンスでパットが入らなかった」。

やっと1オンチャレ
ンジが可能な、距離の短いパー4の18番ホールでバーディを奪い、この日のベストスコア4アンダーパー67をマークした。清水は通算2オーバーパーでホールアウトし、後続を待った。プレーオフの可能性もあり、「パット練習をして待ちます」と言っていたが、結局優勝した吉沢己咲に3打及ばす、2位に終わった。

まだ中学2年生の彼にとっては、来年もチャンスはある。昨年の本選手権では18位タイだったので、今年は大きく順位をジャンプアップすることができた。来年こそ優勝をつかむべく、験算を積んで行ってほしい。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約