JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【砂川公佑が通算-20で初優勝を飾る】
第4日 競技報告:JGA 写真:JGA
2019年度(第73回)日本学生ゴルフ選手権は30日、兵庫県小野市の小野グランドカントリークラブ・NEWコースで第4ラウンドを行った。最終組が1番ホールをティーオフした直後の9時44分、雷雲接近のため競技中断となり、優勝争いに水をさされた最終ラウンドのスタートだったが、1時間19分の後に競技が再開されると、中断の影響もなく、上位陣は白熱したプレーを見せた。首位タイでスタートした砂川公佑(大阪学院大学3年)は、再開直後の1番でバーディを決めると3、5番でもスコアを伸ばし、前半を33で終える。

同じく首位タイで最終ラウンドを迎えた杉原大河(東北福祉大学2年)が1バーディ・1ボギーと足踏みし、
砂川が独走体制に入る。砂川は後半10番でボギーを喫したが、その後3バーディを奪取して、この日5アンダーパーでホールアウト。通算20アンダーパーで地元関西での本選手権初優勝を飾った。3打差の2位タイには、今野匠(東北福祉大学3年)と黒川逸輝(東北福祉大学2年)が入賞。米澤蓮(東北福祉大学2年)は通算16アンダーパーで4打差の4位に終わった。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約