JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【日本ミッドシニアが明日開幕】
大会前 競技報告:JGA 写真:JGA
2019年度(第26回)日本ミッドシニアゴルフ選手権が、明日7日から愛媛県新居浜市の滝の宮カントリークラブの別子・赤石コースで開催される。
本選手権は、65歳以上の男子アマチュアゴルファー123名が出場し、2日間36ホール・ストロークプレーで優勝を争う。

本選手権の舞台となる滝の宮カントリークラブは、日本を代表するコースデザイナーの一人、加藤俊輔氏により設計された27ホールで構成されている。瀬戸内海を眼下に、立冬が近づき色づき始めた周囲の四国連山を背景に、多彩なホールロケーションで展開される戦略性に富んだ丘陵コースとなっている。また、ほとんどのホールがティーイングエリアからグリーンが見
渡せ、チャレンジ精神をかき立てるデザインとなっている。

昨年大会は、熊本県菊池郡の熊本空港カントリークラブで開催され、中村幸造が井端和生との3ホールにおよぶプレーオフを制して初優勝を挙げた。本年大会は連覇を狙うディフェンディングチャンピオンの中村、昨年のリベンジを狙う井端のほか、歴代チャンピオンの田村敏明や奥中貫視、権純福らが出場。日本タイトルをかけた戦いが繰り広げられる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約