JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【初の日本タイトル戴冠に向けて佐々木徹が単独首位に】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
佐々木徹
2019年度(第26回)日本ミッドシニアゴルフ選手権は7日、愛媛県新居浜市の滝の宮カントリークラブ別子・赤石コースで第1ラウンドを行った。
早朝は10度以下まで冷え込んでいたが、日中は気温も20度近くまで上がり、絶好のコンディションで開幕した本選手権。11フィートの高速グリーンに苦戦する選手が多い中、佐々木徹(くまもと中央CC)がこの日ただ一人のパープレーでホールアウトし単独首位に立った。
1打差の2位タイに増元公男と中西勝が続いた。2017年大会を制した田村敏明も首位と2打差の4位タイで本選手権2勝目を狙える位置につけている。3打差の75ストロークまでに13名の選手がひしめく大混戦で明日
中村幸造
の最終ラウンドを迎える。

また、連覇を狙うディフェンディングチャンピオンの中村幸造は76ストロークの14位タイで第1ラウンドを終え、「今日はつまらないボギーを3つ打ってしまった。そこが残念で悔やまれる」と今日のゴルフを反省した。「これから練習して、明日は75を切らないとあかん」と謙虚に上位進出を狙う。

なお、明日の最終ラウンドは8時のスタートを予定している。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約