JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【増元公男と中西勝が1打差からの逆転優勝を狙う】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
増元公男
首位の佐々木と1打差の2位タイにつけたのは、同じ2バーディ・3ボギーの73ストロークでラウンドした増元公男(神戸三田CC)と中西勝(ベニーCC)だ。

昨年に続き2度目の出場となった増元は「今日はパッティングの距離感が合っていました。2メートルくらいのパーパットが5回くらい入ってくれました。皆はグリーンが速くて難しいと言っていましたが、今日の私はまぐれで入ってくれました」と好スコアの要因を語った。明日の意気込みを尋ねると「今日のスコアはまぐれなので恥ずかしいですね。明日は日頃やっている練習の成果を十二分に発揮して、リラックスして力まないように頑張ろうと思っています。それが最後の良い結果に結
中西 勝
びついたら良いかなと思っています」と日本タイトルを虎視眈々と狙う。

また同じく2位タイの中西は「元々速いグリーンが好きで、今日は3パットもなく、タッチが合っていました」と増元と同じくパッティングが好スコアへと繋がった。そんな中西だが本選手権には苦い思い出がある。「3年前のミッドシニアのルーキーイヤーの時も第1ラウンドでトップと1打差でしたが、2日目は3パットばっかりしてしまって・・・」。3位タイから18位タイと順位を下げるかたちで終戦。「明日は最後まで落ち着いてプレーをしたいと思います」。3年前のリベンジを果たすことができるのか、期待したい。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約