JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【佐々木徹が通算+4で初の日本タイトルを獲得】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
優勝 佐々木徹
(左から)佐藤憲一、佐々木徹、田村敏明、増元公男
65歳以上のアマチュアゴルファー日本一を決める2019年度(第26回)日本ミッドシニアゴルフ選手権は8日、愛媛県新居浜市の滝の宮カントリークラブで第2ラウンドを行った。

立冬を迎えた最終ラウンド。早朝は小雨が降っていたが、スタートする頃には止み、徐々に晴れ間が広がってくる中でスタートした。時間が経つにつれ、コース内は風が強くなり選手たちを苦しめる展開となった。イーブンパーの単独首位でスタートした佐々木徹が第2ラウンドも4オーバーパーにスコアをまとめ、通算4オーバーパーで、後続を3ストローク引き離す完全優勝を成し遂げた。
通算7オーバーパーの2位には4位タイでスタートした佐藤憲一、通算8
中村幸造
オーバーパーの3位タイに2017年大会優勝の田村敏明、増元公男が入賞した。

また、14位タイから逆転で大会連覇を狙った中村幸造は2バーディ・2ダブルボギーの6オーバーパーでホールアウト。通算10オーバーパーの7位タイに順位を終わった。

なお、来年大会は11月5日から2日間、岡山県笠岡市にあるJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開催される。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約