JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【佐藤憲一は痛恨の2連続ダブルボギーで優勝を逃す】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA


惜しくも優勝した佐々木には届かなかったが、本選手権3度目の挑戦で自己最高の2位でフィニッシュした佐藤憲一(大分CC)。そして初めてのシードを獲得した。「悔しさもありますが、まぁ2位なら良いんじゃないですかね」と満足気な表情で語った。2打差の2オーバーパーからスタートした佐藤は同組の田村と競り合いながら順位を上げ、77でホールアウト、通算7オーバーパーでフィニッシュした。

「あれが全てでしたね」と悔やんだのは8、9番の連続ダブルボギー。8番は左にOB。9番は3打目がバンカーに入って4オン3パットで優勝のチャンスから遠ざかってしまった。「後半は2メートルくらいのバーディチャンスが5ホ
ールくらいありましたが、1つも入らなくて、フラストレーションが溜まっていましたね」と反撃のチャンスも活かすことができなかった。それでも後半をオールパーで凌いで同組の田村には競り勝った。

プロの世界では“パットイズマネー”と言われている通り、日本タイトルを獲得するためには「グリーンの攻略」ときっぱり来年への課題を述べた。「今回初シードが獲れましたので、競技ゴルフを健康な限り続けていきたいと思います」。健康第一、佐藤の競技ゴルフはまだ始まったばかりなのかもしれない。「優勝は来年に取っておきます」と来年のリベンジを誓いゴルフ場を後にした。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約