JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【3位タイの田村敏明と増元公男は来年この悔しさをバネにリベンジを誓う】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
田村敏明
通算8オーバーパーの3位タイでフィニッシュした田村敏明(小千谷CC)。「残念でしたね」。2年ぶりの王座奪還はならなかった。とはいえ3年連続3度目の出場で2017年の優勝を含むトップ5を外した年はない、流石の実力者。「今日はショットがいまいちで、ピンに向かっていかなかったですね」と冷静に自己分析する田村だが、すでに目線は来年の本選手権に向いていた。「来年のシードを獲れたので、しっかりと筋力アップや体幹トレーニングで身体づくりをして、健康な体でリベンジしたいですね」。また来年はどんなゴルフを見せてくれるのか、期待したい。

また田村と同じく3位タイでフィニッシュした増田公男(神戸三田GC)は「
増元公男
力ばっかり入ってしまってダメでした。優勝のことをばかりを意識してしまった」と日頃の練習の成果を出せなかったことを悔やんだ。結局“力み”が原因となり、パットも入らずバーディも1個も奪えず仕舞い。出だしの1番での4パットがそれを象徴しているかのようだ。そして耐えながら、凌ぎながらのプレーにはなったが、何とか79ストロークでホールアウト。無事に入賞を果たした。「3位タイという順位は日本ミッドシニアが2年目なので、まずまず満足しています」と安堵の表情を浮かべた。「シードが獲れたので、また来年も1番大事なこの試合に向けて、頑張って上位にいきたいと思います」。来年は“力み”なく、冷静に戦えれば初戴冠も夢ではない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約