JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【日本ミッドアマチュアゴルフ選手権競技、明日20日8時スタート】
大会前 競技報告:JGA 写真:JGA
25歳以上の男子アマチュアゴルファー日本一を決める2019年度(第24回)日本ミッドアマチュアゴルフ選手権は、明日20日から22日までの3日間、埼玉県狭山市の武蔵カントリークラブ・笹井コースで開催される。

武蔵カントリークラブ・笹井コースは1959年11月22日に開場し、大会最終日にちょうど60周年を迎える。コース設計は名匠と謳われた井上誠一氏で、武蔵野のフラットな地形に、松林のなかにセパレートされたコースである。井上氏特有の曲線美ともいえるマウンドやアンジュレーションのある砲台グリーンが特徴的だ。2014年にコースを大改造して、それまで2グリーンだったものを1グリーンにし、ホールを入れ
替え、パーを変更した。全体的なコースレイアウトを見直し、バンカーや池の配置も改良して、戦略的な難易度が増した。笹井コースではこれまでに日本オープン(1970年)、日本女子オープン(1994年)を開催しており、最近では2018年にアジアパシフィックオープンダイヤモンドカップの舞台になったことも記憶に新しい。

大会には昨年優勝の豊島豊をはじめとして、井上貴弘、庄司由、高橋雅也、塩月純生、田中政佳、井関剛義、和田博ら歴代チャンピオンなど131名の選手が出場する。競技は54ホール・ストロークプレーで行われる。近年日本アマはほぼ学生たちの大会になってしまい、本選手権が社会人としての日本一を競う場となっているだけに、出場選手のモチベーションも高い。はたして栄冠をつかむのは誰か?

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約