JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【厳しいコンディションの中で気負わず2位タイにつけた井関と沼田】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
井関剛義
2005年大会チャンピオンの井関剛義が意地を見せた。6番バーディ、7番ボギーの後、9番ホールではダブルボギーを叩き、前半を2オーバーパーでターンした後、10、11番と連続バーディを奪い、スコアをイーブンパーに戻す。その後、16、17番で連続ボギーとしたものの2オーバーパー74で、首位と2打差の2位タイにつけた。グリーンは「日本オープンより速い」と評するほど仕上がっていて、他の選手もグリーン上で手こずっていた。

そんな中、49歳になったベテランが「風が強くて難しかったので、グリーンに乗せておけばいい。グリーンを外しても寄せやすい方に」という無理をしないゴルフを展開した。「昔みたいに闘志もな
沼田光樹
くなってきたし、ちょうどいい感じで100点満点です。大会に出させてもらえるだけでありがたい。楽しかった。感謝です」とこの舞台に立てることに喜べる心境に達したことが、いい結果を生んだ。勝てば本選手権は13年ぶりの2勝目ということになるが、そんなことは口にしない。「毎日76ぐらいで回れればいいと思っていた」とこの日は2つ貯金ができた。このゆるい感じで行けば、もしかすると…。

この日の130人の平均ストロークは81.90だった。決してレベルが低いわけではない。各地区のミッドアマを勝ち上がってきた選手たちの集まりなのだ。むしろ、いかにこの日のプレーコンディションが難しかったかを物語っている。したがって、74は決して悪いスコアではない。沼田光樹は4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーという内容だった。冷たい風が吹きすさみ、プレーが速くならないように「リズムだけ気をつけてプレーした」。10番ホールからスタートし、18番ではフェアウェイから打った第2打をグリーン左のバンカーに入れ、3打目は出しただけ。4打目はカラーからパターを使ったが、寄せきれずダブルボギーに。フェアウェイからのミスだけに悔やまれたが、8番ホールでは4番アイアンで打った第2打をピンにピタリとつけてバーディを奪うなどいい場面もあった。目標は「来年の日本アマに出られる5位以内」だが、視界良好だ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約