JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【通算+4で小原淳、水上晃男、金子光規、松尾真吾が首位に並ぶ混戦に】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
小原 淳
25歳以上の男子アマチュアゴルファー日本一を決める2019年度(第24回)日本ミッドアマチュアゴルフ選手権第2ラウンドは21日、埼玉県狭山市の武蔵カントリークラブ・笹井コースで、129名の選手が出場して行われた。

この日も快晴。前日に比べ風も弱くなり、暖かく感じられる好コンディションだったが、速くて難しいグリーンに選手は悩まされた。通算4オーバーパーで金子光規、水上晃男、松尾真吾、前日首位の小原淳が首位に並んだ。2打差の5位で井関剛義が追っている。なお、第2ラウンドを終了し、通算18オーバーパーまでの59位タイ65人の選手が明日の最終ラウンド進出を決めた。

今年の日本シニアオープン
水上晃男
でローアマチュアを分け合った金子、水上のベテラン2人に、36歳の松尾、小原が挑む構図になっている。この4人のうちだれが優勝しても本選手権は初優勝になる。その4人を歴代優勝者の井関が追うという、面白い試合展開になってきた。はたして、誰が栄冠をつかむのか、注目される。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約