JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【卓越したショートゲームとコースマネジメントで首位タイに浮上した金子光規】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
51歳の金子光規が5バーディ・5ボギーの72で回り、通算4オーバーパーで首位に並んだ。各選手がスコアメイクに苦しむ、この難コースで5バーディを奪った。「グリーンは傾斜もあるし、難しい。ピンの手前に止めることを意識した。上りのパットが残るようにした。グリーンを外してもアプローチとパットでなんとかパーを拾えた」と前半は37で回り、後半は3番バーディの後、4、5番と連続ボギーとしたが、6番(パー5)でバーディを奪い、8番では第2打をピッチングウェッジで打ち、3.5メートルにつけてバーディとした。これでこの日のスコアをパープレーに戻した。

今回の会場である武蔵カントリークラブ・笹井コースからほど近い日高カントリークラブで行われた今年の日本シニアオープンでは金子と水上晃男がローアマチュアを分け合った。くしくもその水上も首位に並んでいる。残念ながら最終ラウンドは水上がひとつ前の組で回るので、同組ではないが、水上は「前で回って、あいつまたバーディを獲ったぞ」と後ろの最終組にプレッシャーをかけたいという。金子は「明日になってみないとわからないよ」と平静だ。好対照だが、はたして2人の優勝争いになるのか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約