JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【首位タイに並んだ水上晃男は「一番獲りたいタイトル」と初優勝に意気込む】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
実力者、水上晃男がこの日、3バーディ・3ボギーのイーブンパーの72で回り、通算4オーバーパーとして首位をとらえた。10番ホールからスタートし、11、13、15番と次々とバーディを奪っていった。17番で3パットのボギーを叩いたが、後半に回ってもチャンスはやってきた。ただし、4番では2メートルのバーディチャンスを外し、2つのパー5でもバーディを獲ることができなかった。そして、8番ではティーショットを右の林に曲げ、第2打は木の枝を抜けていったもののバンカーに入り、ボギー。9番(パー3)もティーショットをグリーン左に外し、アプローチは2メートルに寄せたものの、このパーパットを決めることができなかった。

上がり2ホールの連続ボギーは「惜しい」と悔しがるが、それでも首位タイだ。「パットがいい感じで入っている」と手ごたえもある。今年は日本シニアオープンのローアマチュアを獲得し、次は「ずっと欲しかったタイトル。一番とりたい」と本選手権での優勝を狙う。これまで、本選手権で何度も優勝争いを演じながら、そのたびに苦杯を喫し続けてきた水上。今年こそはという意気込みが感じられる今日のプレーぶりだった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約