JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【36歳の小原淳と松尾真吾が首位タイ。日本シニアオープンローアマチュア2人を相手に初優勝なるか】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
小原 淳
52歳の水上晃男、51歳の金子光規の2人に36歳の小原淳、松尾真吾の2人が挑む構図となった。首位でスタートした小原は10番ホールからスタートし、11番バーディの後、14番でティーショットを林に曲げダブルボギー、16番ボギーとして2オーバーパー38でターンした。後半は2、3番と連続バーディを奪い、スコアをイーブンパーに戻す。そこまでは順調だった。しかし、6番から4連続ボギーを叩いてしまい、通算4オーバーパーとして他の3選手に並ばれた。上がり4ホールのうち「2つくらいはパーを取れたら」と悔やむが、「ショットが良くないので、こんなもんかな。我慢比べなのでよかった」と納得していた。前日首位の成績で「周
松尾真吾
りの人からメールをもらい、喜んでもらっているのでうれしい」と反響があった。ならば、明日はもっと喜んでもらうように、いい報告をしたいところだ。

もう一人、松尾は1番ホールでティーショットをバンカーに入れたものの、残り135ヤードの第2打を9番アイアンで打って、30センチにつけて楽々とバーディでスタートしていった。その後は3ボギーを叩いたものの、ハーフターン直後の10番でもバーディを奪取し、「出だしの2つのバーディが大きかった」とこの日は1オーバーパー73にまとめ、通算4オーバーパーで首位に並んだ。「75か76でいい」と思っていただけに、満足のいく内容だった。明日の優勝争いは「しびれると思うけど、パットが入っている。明日も入ってくれたらいい」とバーディ発進で抜け出したいところだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約