JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【水上晃男が見事に昨年大会のリベンジを果たす】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
ついに悲願のこのタイトルを手にした。水上晃男は、昨年大会では豊島豊と最終ホールまで優勝を争い、わずか1打差で涙を飲んだ。本選手権では2位が過去に2回あり、今年17回目の挑戦でつかんだ初タイトルだった。

前半は3ボギーで、通算7オーバーパーでターンした。雨が降り、「ラフに入れるとダメでした。距離は残るし、グリーンに乗せることもできない。アプローチでしのぐしかなかった」。後半に入って10番でもボギーを叩き、この日「4オーバーパーにしたらいけないな」と思ってからエンジンがかかった。11番でバーディを獲って、息を吹き返した。しかし、13、14番で連続ボギー。「雨が降って、グリーンのスピードが遅くなって、パットのタッチを合わせるのが難しかった」という。昨日まではすっとボールが伸びていたところが、ぐっとスピードが落ちて切れていくシーンが多かったという。この点は他の選手も口にしており、グリーンのスピードに対応できずに、スコアを崩す選手が多かった。その点、水上は後半、対応していった。16番でバーディを奪い返し、この時点で通算8オーバーパーにした。前後の選手のスコア状況はわからなかったが、いい順位にいるのは雰囲気で分かった。18番ホールをパーでしのげば「いける」と思った。だが、グリーン脇からのアプローチをミスして寄せきれずにボギーでホールアウトした。

前の組で回る高野隆を1打リードしていることはわかったが、最終組のスコア状況はわからなかった。そわそわしながら待つ。結局、小原淳が18番ホールでボギーを叩き、水上の優勝が決まった。「やっと、獲れた」と喜んだ。50歳になるのを機に、筋力トレーニングを始めた。トレーニング方法を学び、自宅で器具を使って体を鍛えた。主に上半身に筋力がついた。そして、食事にも気を付けるようにした。夜は炭水化物を摂らないようにし、大好きな酒も控えるようにした。その成果が昨年から出るようになった。51歳で日本社会人ゴルフ選手権に2度目の優勝、関東ミッドアマに初優勝した。しかし、本選手権では前述したように豊島の前に屈し、2位。最終ホールでバーディチャンスにつけたのに外し、バーディを決めた豊島が優勝した。「もう獲れないかな」と思ったという。

それだけにこの優勝は飛び切り嬉しい。この優勝で来年の日本オープンの出場も決めた。すでに日本シニアオープンの出場権も手にしている。「来年は出る試合を絞らないといけないかなぁ」とうれしい悲鳴だ。まだまだ元気な52歳だ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約