JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【初優勝まであと一歩に迫ったものの2位タイに終わった小原淳と高野隆】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
小原 淳
高野隆と小原淳の2人は1打、優勝に届かなかった。高野は前半を1アンダーパーで回り、上位陣を脅かした。ハーフ終了時点では、首位の水上晃男と1打差に迫っていた。後半に臨んだが、13番ボギー、14番ダブルボギーとスコアを落としてしまった。この日は気温6度で、雨が降っていたため体感温度はもっと低く感じられた。そのため、多くの選手がスコアを落としていた。あきらめずに16、17番と連続バーディを奪った。これで「もしかすると」と思った。事実、最終ホールをパーで上がっていたらプレーオフに残れた。しかし、「花道から奥に外してしまい」アプローチを4メートルにつけたものの、このパーパットを外してしまった。悔やまれる
高野 隆
1打になってしまったが、この経験を来年に活かすしかない。

第1ラウンドから首位を走る小原だったが、やはり高野同様に最終ホールでボギーを叩き、1打差の2位タイに終わった。水上が前の組でプレーしていたので、彼がなんとなくスコアが良さそうなのはわかっていた。自分は「76か77で回らないと」チャンスはないと感じていた。18番ホールは第2打をグリーン左に外し、アプローチを寄せることができずに、5メートルのパーパットが残った。「パーならプレーオフはあるかな」と思って打ったパットは、無情にもホールには沈まなかった。結局ボギーでホールアウトし、この日は78で回った。77で回っていればプレーオフだっただけに、スコアの読みは当たっていた。それでも「3日間いいところでプレーできて楽しかった。ひやひやしながらできた」と最高の笑顔だった。これまで本選手権での最高成績は2014年大会の15位タイだったが、それを大きく更新した。

優勝には惜しくも届かなかった2人だが、これを糧に来年また挑戦してもらいたい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約