JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【特訓したショートゲームの成果で益田世梨が68をマーク】
第1日 競技報告:塩原義雄 写真:Y. Watanabe
スタートの1番ホールをボギーにした益田世梨(広島県協会)だったが、続く2番でバウンスバックすると、その後は5番バーディ、12番イーグル、15番バーディとスコアを伸ばし、68でホールアウトした。東北福祉大学の1年生。本選手権の目標は「トップ10入り」として臨んできた。12番ホールのイーグルはピンまで150ヤードの距離を8番アイアンで打ってカップインさせたもの。「いい当たりでした手応えもありました。“これは、寄ったな”と思って自分の打った球を見ていました。それが“入った!”になりました。はい、カップインも見えていました」。

オフシーズンからここまで、特に入念に練習したのはアプローチショットだ
ったという。芝生で練習できる環境があるため、様々な状況を選んで精度を高めてきた。

この日のショットは、12番のイーグルに代表されるようにピンを刺して飛んでいくことが多かった。だが、距離感は微妙にずれていた。そのため、グリーンをわずかにオーバーしてエッジやラフに外れるシーンも少なからずあった。そのホールを数えると1、4、6、7、10、14、16、17番と8回もあったのだ。これらのうち1番ホールを除いて残りの7ホールを全て寄せ切ってパーセーブしたことが、68のスコアに直結した。まさに特訓の成果であった。

アプローチショットに自信を持てたことで、変わったことがある。それは、グリーンを狙うショットで余裕がでたことと、積極的にピンを狙っていく攻撃力が高まったこと。東北福祉大学からは、この益田はじめ7選手が出場している。練習ラウンドのときから「みんなでトップ10を目指して上位を自分たちで占めよう」と話し合っていたともいう。「練習してきたことが、試合でもできている」ということが、自信を深めていく。第2ラウンド以降も益田のプレーには注目していきたい。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約