JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【手塚彩馨が通算-9で単独首位に立つ】
第2日 競技報告:JGA 写真:Y. Watanabe / Y.Kawatani
手塚彩馨
佐藤心結
2021年度(第62回)日本女子アマチュアゴルフ選手権は16日、鳥取県西伯郡の大山ゴルフクラブで、昨日サスペンデッドとなった第1ラウンドに続き、第2ラウンドを行った。

第1ラウンドで5アンダーパーの首位タイとなった手塚彩馨(TEAM KGAジュニア)が、第2ラウンドも4バーディを奪取し、通算9アンダーパーで単独首位に立った。2打差の2位にはこの日ベストスコアタイの67をマークした佐藤心結(TEAM KGAジュニア)、さらに2打差の通算5アンダーパーの3位タイに本選手権西日本予選トップ通過の寺岡沙弥香(ナパラG一本松C)、首位タイでスタートした左奈々(セブンミリオンCC)、2019年日本女
寺岡沙弥香
星川ひなの
子学生ゴルフ選手権チャンピオンの星川ひなの(日本大)ら7名がつけた。

JGAナショナルチームメンバーの尾関彩美悠(岡山霞橋GC)と六車日那乃(千葉県アマチュア協会)はともに通算3アンダーパーで首位と6打差の13位タイで明日のムービングデーを迎える。

なお、この日カットが行われ、通算2オーバーパーの49位タイ、61名が後半のラウンド進出を決めた。

本選手権の情報は、公式フェイスブック・公式ユーチューブチャンネルでもご覧いただけます。

⚫JGA公式フェイスブックはこちら

⚫JGA公式ユーチューブチャンネルこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約