JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【連続バーディフィニッシュの星川ひなのは通算5アンダーパーで3位タイに】
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Y. Watanabe
2019年の日本女子学生ゴルフ選手権に続いてのビッグタイトル獲得に向けて星川ひなのが好位置につけている。目標は「毎日4アンダーパー」としているが、第1ラウンドは3アンダーパーの69。そして第2ラウンドは2アンダーパーの70。「それでも、やっぱり目標は変えません」と、力強く語る。
第2ラウンドは12番ホールまで「全体的に良いイメージがなく、ひたすら耐えるような内容のゴルフでした」と振り返る。1アンダーパーで後半に折り返した11、12番では耐えきれずに連続ボギーを叩いた。11番(パー3)はクラブ選択を間違えてティーショットがグリーンオーバーして奥のバンカーに。そこから寄せきれなかった。続く12番
では、ドライバーショットを左に曲げ、そこからの第2打はバンカーに打ち込んだ。これで1オーバーパー。目標の4アンダーパーは、はるかに遠のいてしまった。だが、ここから盛り返す。気持ちが折れることはない。13番で第2打を1.5メートルにつけてバウンスバックすると、17番では運も巡ってきた。左ラフからの2打目。「グリーン手前のバンカーに入ったと思ったショットが意外に飛んでいて越えてくれたんです。しかもラフからのショットだったので転がってくれて、グリーン奥のピン近くまで寄ってくれました。1メートルぐらいでした」。これを決めて1アンダーパーに。気を良くして迎えた18番(パー5)は「絶対にバーディをとる」と自分に言い聞かせて第3打のアプローチショットを2メートルにつけて連続バーディでのフィニッシュ。
「13番からは、重くなっているグリーンに対応して強めにヒットしていきました。このところ悩まされ続けていたパッティングでのインパクトの緩みが解消されていい気分でラウンドできました。気持ちの上でも明日につながるゴルフになったと思います。目標の4アンダーパーとはいきませんでしたが、最後の連続バーディは試合展開の面でも大きいです。みんなもっとスコアを伸ばしていると思っていたのに、想像していたほどではなかったので、自分もトップグループで後半に迎えます。それができるかどうかはともかくとして、また4アンダーパーを目指してのゴルフを続けていきます。優勝を狙える位置でプレーしていたい。そんな気が続いてもいます」
大学4年生。これが最後の日本女子アマと決めている。有終の美。目指すところは、それ以外にない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約