JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【得意のアイアンショットが冴え、2日間10バーディを奪った手塚】
第2日 競技報告:塩原義雄 写真: Y.Kawatani
プレーオフ敗戦の2019年日本ジュニアから2年過ぎ、手塚彩馨(TEAM KGAジュニア)は長野県の佐久長聖高に進学していた。身長は148センチから149センチとわずか伸びただけだが、ゴルフでのショット精度は大幅に向上していた。

大会第2日目は、サスペンデッドとなった第1ラウンドの残りホールを消化したのに続いて第2ラウンドをプレーした。この36ホールで手塚がパーオンを逃したのは6ホール。そのうち1ホールはカラー部分であったから実質5ホールだけと言っていい。ボギーにしたのは1ホールだけ(第1ラウンドの9番)で10バーディをモノにしての通算9アンダーパーをマークした。「ショットの調子がよくて、
グリーンに乗ったホールは、ほとんどバーディチャンスでした。グリーンのスピードが思ったよりも遅くて、外すことが多すぎました。もっとスコアを伸ばせていた内容だったと思います」。

通算9アンダーパーは、物足りないスコアだったようだ。第2ラウンドでも、スタートからバーディチャンスが続いた。5番までの4ホールは3~4メートルにつけながら、パットを打ち切れなかった。雨の影響もあって見た目以上に重くなっていたのだろう。「グリーンはきれいに仕上がっていて、速く見えるので、それに惑わされたというのもあると思います」。6番(パー5)でようやく3メートルが決まった。7番では180ヤードの第2打をユーティリティ4番で約1メートルにつけて連続バーディとした。中でも納得のバーディは6番だったという。「3打目はピンまで135ヤードで、8番アイアンで打ったのですが、自信をもってスウィングできました」。得意なクラブは?と聞くと「9番と8番アイアンです」と即答した。

小学校1年生で両親に連れていってもらった練習場。それが、ゴルフを始めるきっかけだったというが、この練習場には120ヤードと140ヤードとふたつのグリーンが設けられていたという。「ちょっとボールが打てるようになってからですけど、9番アイアン1本だけ持って、120ヤードのグリーンを狙って打つのが楽しくなりました。まだグリーンまでは届かないんですけど、ピン方向に飛んでいくと“おっ”なんて思ったりして…。何年かすると、グリーンに届くようになりました。それで今度は8番アイアンで140ヤードのグリーンを狙う練習も加えるようになりました。この練習は、私にとっての基本で、その後もずっと続けています。おかげでショートアイアンが好きになりました」自信を持ってスウィングできたというコメントには、そんな背景があったのだ。

第1ラウンドの67はパー72のコースでの自己ベストになる(5アンダーパーは2019年の日本ジュニア第1ラウンドに68=パー73設定=を出している)。2度目の本選手権。目標はトップ10として臨んだが、第1ラウンドの67に続いて第2ラウンドは68と好スコアを並べたことで「もっと上を目指してもいいかな…と上方修正する気になっています」と手塚。自信を深めたためか149センチの体が大きく見えた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約