JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【ショット絶好調もパット入らずの70に星川ひなのは「すっごく悔しいです」】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y. Watanabe / Y.Kawatani
18ホールでパーオンできなかったのは2番だけ。残りの17ホールは、バーディチャンスだらけだった。「ドライバーもアイアンもほとんど狙ったラインから外れずに打てていました。5メートル前後の距離につけたのも8ホールぐらいありました」。で、パットが決まったのは連続バーディとなった4、5番だけ。あとは全てパーでスコアは70にとどまった。

「内容からすれば、最低でも66は出せたゴルフだったんですけど、いかんせんパッティングが決まりませんでした。はい、外しまくった1日でした」原因は、このところ悩んでいるインパクトの緩みか?

「いえ。今日の場合は、しっかり打てていたと思います。でも、ラインを読み切
れなくて、微妙にホールを外れていまうんですよね。傾斜と芽。大山の影響なのか、難しく感じた1日でもありました」。

本選手権に向けて星川が立てた目標は「1日4アンダーパー」。クリアできそうで、そこに届かないまま第3ラウンドが終わってしまった。
「明日、(パットが)入ってくれれば…。期待を込めて最終ラウンドは目標スコアを66に設定して攻めます」ショットの調子はいいのに、結果につながらないもどかしさ。その中で星川は大学最後の日本女子アマを優勝で飾りたい、という思いを強めている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約