JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【林希莉奈が第3ラウンドベストスコアタイの68で3位タイに浮上】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y. Watanabe / Y.Kawatani
通算3アンダーパーの13位タイからスタートした林希莉奈が吉田鈴と並ぶ68とこの日のベストスコアをマークして3位タイに急浮上した。現在ルネサンス豊田高校3年生。これが初めての日本女子アマ出場だ。中部日本女子アマで3位となり、本選手権への切符を手に入れたもので「初めての大会なので、何もわからずに、ただベストを尽くしかないと思って会場入りしました」。

第1ラウンドは72、第2ラウンドが69で後半のラウンドには余裕で進出した。でも、それを当面の目標としていたわけではなくラウンド後に自身に「ベストは尽くせたか?」と問いかけ「イエス」と答えられるようなゴルフをすることだけを考えていた。第2ラウンドま
では、イエスだった。そして第3ラウンド―。

1番は第2打をバンカーに入れてボギーを叩いたが、3番(パー5)で8メートルの距離を決めた。続く4番(パー3)は左エッジに外すも、そこからチップイン。「狙ってなんかいません。ただ、いいパットをしよう、いいショットを打とうと考えていただけで、それが結果的にバーディになったという感じです。2パットでいければいいな…というのが入って、寄ればいいな…というのがカップインして、運もあったのだと思います」。

後半でも3バーディを加えて68。ベストスコアタイだった。自己ベストとなると岐阜県のワールドレイクGCで61というとてつもない記録をもっているから自力もありそうだ。レール上の練習器具を使ってのパッティング練習も続けてきた。この器具は、フェースの向き、パターの芯、ストロークの方向…どれがずれてもボールはレールから転がり落ちてしまう。満点のパッティングが求められるのでいい練習になる。本選手権の林の活躍を支えることにもなった練習ではある。

で、第3ラウンドもベストは尽くせたか。林の答えは、もちろん「イエス」だった。最終ラウンドも同じ気持ちで迎えるという。



その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約