JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【「自分はビビリのタイプなんで、逆に攻めていった」という吉田鈴は連日の68で7位タイに】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y. Watanabe
第2ラウンドは4連続、そして第3ラウンドには3連続バーディと吉田鈴は勢いを感じさせるゴルフを展開している。「第1ラウンドにやってしまった(75)ので、あとはもう攻めるっきゃないと思ってプレーしています」。

第3ラウンドの3連続というのは、こうだ。6番3メートル、7番5メートル、8番3メートル。立て続けにパットを決めた。前半は、スタートの1番も含めての4バーディ奪取だった。スタート前に決めていたことがある。「自分は、けっこうビビリのタイプなので、それが表に出ないように気持ちを強くして外してもいいや…ぐらいのつもりでカップをオーバーさせる強さでヒットする」。

第1ラウンドの躓きと、第2
ラウンドからのマインドコントロールが連日の68というスコアに結びついている。前夜は、姉の吉田優利に報告したという。「喜んでくれました。凄いじゃないってほめてももらえました。もっとほめてもらいたいな…という気持ちになっています」。

もうひとつ、吉田には考えていることがある。それは日本女子オープン本選への出場だ。地区予選会に申し込んだのだが、出場枠はあっという間に埋まってしまいエントリーできなかった。そこで本選手権で結果を出そうと予定を切り替えていたのだ。優勝なら文句なしに本選に出場できる。2位からトップ10までなら最終予選会への出場権が与えられる。
「だから、とにかくトップ10入りを狙って攻めていくしかないんです!」

第2ラウンド後半もひたすら攻めのゴルフを展開した。バーディは14番だけだったが、チャンスはたくさんあった。「それこそ、全部入っていたら大げさではなく63ぐらいのスコアを出せていたような内容でした。後半もビビリはなくて、しっかり打てていたのですが、ラインを読み切れなかったのが残念なことで、伸ばし切れませんでした」

それでも連日の68で24位タイから7位タイに。日本女子オープン最終予選の出場枠獲得への道も見える位置まで浮上した。姉に報告する声も、はずむことだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約