JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【尾関彩美悠が通算-10で逆転初優勝を飾る】
第4日 競技報告:JGA 写真:Y. Watanabe / Y.Kawatani
2021年度(第62回)日本女子アマチュアゴルフ選手権は18日、鳥取県西伯郡の大山ゴルフクラブで最終ラウンドを行った。

早朝からの雨が時折強くなる厳しいコンディションの中でティーオフした最終組。通算10アンダーパーで単独首位の手塚彩馨(TEAM KGAジュニア)と1打差で追走する佐藤心結(TEAM KGAジュニア)は、ボギーが先行する苦しい展開で前半を終えて、手塚が2ストローク、佐藤が1打スコアを落とし、通算8アンダーパーで首位を並走する。

2人がスコアメイクに苦しむ中、第10組でプレーを進めるJGAナショナルチームメンバーの尾関彩美悠(岡山霞橋GC)が12番に続き、14、15番の
左から 手塚 尾関 佐藤
連続バーディで通算10アンダーパーにスコアを伸ばし、混戦を抜け出すと、その後パーを積み重ねてホールアウト。クラブハウスリーダーで最終組のプレーを待つ。

その最終組は、手塚が14番でバーディ、佐藤が最終18番をバーディフィニッシュとしたものの、尾関には届かず、尾関の嬉しい逆転初優勝が決まった。手塚は通算9アンダーパーで2位、佐藤は2打差の3位に終わった。

本選手権の情報は、公式フェイスブック・公式ユーチューブチャンネルでもご覧いただけます。

⚫JGA公式フェイスブックはこちら

⚫JGA公式ユーチューブチャンネルこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約