JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【雨中のラウンドでボギー無しの5バーディ。佐藤心結が完璧なスコアでリーダーとなった】
第1日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
ノーボギーで5アンダーパーの67。気象条件、コースコンディションを考えれば、佐藤心結のスコアは完ぺきだったといえる。しかし、その内容は、けっして万全ではなかった。ドライバーショットは、ちょっと不安定だった。このクラブを手にした14ホールでフェアウェイをとらえたのは7ホールだけ。つまり、フェアウェイキープ率は50%でしかなかった。それで、どうした5アンダーパーという好スコアをマークできたのか。そこには、佐藤の状況に応じたしたたかな計算があった。

「ラフからのショットは、距離感を合わせるのが難しい。グリーンを狙っていくのは危険です。なので、ちょっと距離の長いパー4ホールでラフに入れたとき、グ
リーンまで200ヤード前後あるときは、第2打を確実にレイアップして、第3打とパッティングに勝負をかける。それを徹底しました」

9番ホールで、こんなシーンがあった。ティーショットを左ラフに打ち込んだ。ボールはラフに沈んでいた。ピンまでは、200ヤード近くある。グリーン手前にはバンカーという状況だった。ここで2打目に佐藤が手にしたのは9番アイアンだった。絶対にバンカーまで届かず、なおかつしっかりグリーンに止められる距離を残す。そんな計算を働かせてのクラブ選択であった。狙い通りにピンまで100ヤードを残しての第3打。バックスピンがかかりすぎることなく、ピン手前にドスン、ピタリと止まって楽々パーセーブした。

フェアウェイから打てた状況では、ピンの根元に狙い打ちした。スマートなマネジメントこそが、5バーディ・ノーボギーの結果を生み出したということだ。

最大のピンチは10番ホールであった。第2打がバンカーにつかまった。この日唯一のバンカーショットだった。しかも、目玉状態。そこからはグリーンエッジまで出しただけだったのだが、そこからチップインでのスーパーパーセーブを決めた。フェアウェイからの精度の高いアイアンショット。フェアウェイを外した時の冷静なマネジメント。そしてほんのちょっとの幸運。佐藤の第1日のゴルフには、それらが絶妙に入り混じっていた。

6月の日本女子アマでは、3位。関東ジュニアは2位タイ。最後の日本ジュニアでは、だからこそ優勝を望んでいる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約