JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【越田泰羽がプレーオフを制し初優勝を飾った】
第3日 競技報告:JGA 写真:W.Yoshitaka
「2021年度(第26回)日本ジュニアゴルフ選手権 女子15~17歳の部」は20日、埼玉県狭山市の東京ゴルフ倶楽部で最終ラウンドを行った。

同コースで行われた12−14歳の部のプレーオフの余韻が冷めやまぬまま、本部門の優勝争いも、首位スタートの越田泰羽(湘南学院学高校3年)と上久保実咲(奈良育英高校1年)が通算7アンダーパーで並び、2名によるプレーオフに持ち越された。

プレーオフ1ホール目となる10番は、両者ボギーとし、続く14番ホールでは、上久保がパーで終えたのに対して、越田が2メートルのバーディパットをねじ込み、嬉しい初優勝を果たした。

2位の上久保実咲に1打差の3位には
、今大会ベストスコアタイ67をマークした上田澪空(共立女子二高校1年)が入り本部門初出場で入賞を決めた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約