JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【第3ラウンド終盤に崩れ、プレーオフでも敗れた上久保が2位】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
16番まで3連続を含む6バーディを奪い、この時点で通算10アンダーパーにまでスコアを伸ばしていた上久保実咲。高校1年生で細身の飛ばし屋が一躍脚光を浴びるのか…と思われたが、残り2ホールでダブルボギー、ボギーと崩れ、プレーオフでの決着を余儀なくされてしまった。

残り2ホールとなって、体が、腕が思うように動かなくなっていったという。17番のダブルボギーはミスの連続で、18番では1メートルもないようなパーパットを残していたのに、構えて、いざストロークしようとすると手が震えてしまって、制御できませんでした」

プレーオフに入ってからは、落ち着きを取り戻せたというが、2ホール目、越田にバーディ
パットを決められて2位に終わった。

高校1年生。まだ、体が出来上がっていない。細身。しかし、「中学2年生ぐらいから飛ぶようになった」というドライバーの平均飛距離は250ヤードを超える。好きなプロは原英莉花プロだという。スレンダーボディーで飛ばすところに憧れている。この大会で2位になったことで、日本女子オープンの最終予選会への出場権が与えられた。そこを突破して、憧れの選手との競演。実現すると、ナショナルオープンの楽しみが、ひとつ増える。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約