JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【越田泰羽がプレーオフを制して初優勝】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
「こんな大きな大会で優勝できて、本当に光栄です。(優勝したという)実感は、まだないんですけど、自分が考えていたゴルフは3日間続けてできたかな…という満足感、充実感はあります」

越田泰羽は、優勝カップを抱えて、そう口にした。「自分は、順位を気にすると、自分を追い込んでしまうので、とにかく全てのショットで“気持ちよく振ること”をテーマにしてプレーしました。だから、優勝は、テーマをクリアできた自分へのご褒美なんだと思います」

そんな越田が、順位を気にしたシーンが一度だけあった。第3日のラウンド後半になってからだった。日本ジュニアでは、コースに速報版が設置されていない。ホールアウトするまで
、自分のポジションはわからないのだが、16番ティーイングエリアにきたとき、流れが詰まっていて、まだ前の組がいた。そこには、15番ホールまで5バーディ(ノーボギー)を奪う猛チャージを仕掛けていた上久保がいた。

実は越田と上久保は6月の日本女子アマで第1日、第2日と同じ組でラウンドし、それを機に仲良くなっていた。そこで、越田は、上久保のスコアを聞いた。なんと、9アンダーパーまで伸ばしていた。「自分とは2がある。残り3ホールで追いつけるように頑張らなければ…。ちょっと自分にハッパをかけました」と越田。

ハッパはかけたものの、最後までパーが続く。ところが、前の組では、予想外のことが起こっていた。上久保が16番バーディで10アンダーパーにまで伸ばしていたのだが、17番パー3でトラブルとなってダブルボギー、さらに18番もボギーにして、一気に7アンダーパーにまで後退した。

「18番でパーパットをはずしたのは、自分の第2打地点から見届けました。自分がパーならプレーオフかな…、よし、パーをとろう!」

再び気合を入れ直し、難しい18番をパーでホールアウトし、予想通りにプレーオフに突入した。1ホール目は、両者ボギーにして、2ホール目(14番)。越田はテーマ通りの気持ちの良い振りでフェアウェイをとらえると、第2打地点で狙いを決めていた。「このグリーンで今日のピンポジションは手前になっている。右サイドに乗せれば、一番やさしいラインになるな…」

第2打は、狙い通りにピン右3メートル弱についた。そして、先にファーストパットを打ち、カップをはずした上久保が見守る中、真ん中からウイニングパットを沈めたのだった。

この後の越田には、JLPGAプロテストが待っている。「この大会のように自分のゴルフを貫いて、結果につなげたいと思います」。秋にはプロになった越田が見られそうだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約