JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【馬渕恵美子が初優勝を果たす】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
「2021年度(第11回)JGA杯J-sysゴルフ選手権(JGAアンダーハンディキャップ競技)女子」は25日、兵庫県・小野ゴルフ倶楽部で、18ホール・ストロークプレーで行われた。

この日、グロススコア86で回った馬淵恵美子がコースハンディキャプ16で、ネットスコアが70となり、優勝した。
2位には同じくネットスコアが70(マッチングスコアカード方式により優勝者を決定)の中谷直美、3位に72の織田三千代が入った。
優勝した馬渕恵美子は、「バーディも獲れたし、なんか信じられない」と笑顔で語った。

また、女子部門 最年長出場となる森川麗子80歳。ゴルフ歴は32年で今までに何度も競技ゴルフに参加しているという。
今回の出場に向けて、パター練習をしっかりとして事前準備はしっかりとしたが、最後までプレーができるか不安だったという森川。この日はネットスコア89のスコアで回り、59位タイと大健闘。

ラウンドを終えた森川は「コースが難しかった。でもパターがよく入り、今日はパターに助けられた。」と語った。
今後の目標を伺うと、既に3回達成しているが、「もう一度エイジシュートを達成すること」だという。
達成感に満ちた顔でアテスト会場に戻ってきた森川は、ハンディキャップ競技を存分に楽しんだ様子だった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約