JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【世界アマ日本代表の蝉川泰果、岡田晃平が国内最終戦の日本学生に挑む】
大会前 競技報告:JGA 写真:JGA
蝉川泰果(右)
2022年度(第75回)日本学生ゴルフ選手権競技は、明日23日(火)千葉県のカレドニアン・ゴルフクラブ(7,047ヤード パー71)にて97人の選手が出場して行われる。コースはマイケル・ポーレット氏によって設計され、池やクリーク、バンカーが巧みに配置され、アンジュレーションのある大きなグリーンが特徴である。美しいコースだが、プレーする側には、コースマネージメントとショットの正確性が求められる。これまでに日本プロゴルフ選手権(2000年)やアジアパシフィックオープンダイヤモンドカップ(2017年)、JLPGAツアーの「Takara WORLD INVITATIONAL」(1994~1999年)な
ど数々のツアー競技を開催しており、今年は全米オープン最終予選の会場にもなっている。日本学生は1995年以来27年ぶり2度目の開催となる。

大会には、今年の日本アマチュアゴルフ選手権に優勝した岡田晃平(東北福祉大3年)、来週、岡田と共に世界アマチュアチームゴルフ選手権(8/31~9/3フランス)に日本代表として出場する蝉川泰果(東北福祉大4年)、日本アマ2位の古川龍之介(日本大4年)、昨年の本選手権3位タイだった鈴木晃祐(東北福祉大4年)、杉浦悠太(日本大3年)、唐下明徒(東北福祉大2年)ら実力者が出場して「大学生ゴルファー日本一」の座を競う。

大学4年最後の本選手権を迎える蝉川は、「最後なので気合いが十分入っている状態で迎えれている。久しぶりのベント芝で回って、グリーンがポテトチップ型でアンジュレーションもある。ティーショット、セカンドショット、パッティングも大事。どのクラブでも」精度が求められるという。「このタイトルは松山(英樹)さんも獲っているので、僕自身も獲りたいタイトルの一つなので、最後の最後でとれたらいい。優勝したい。優勝(スコア)は2桁(アンダーパー)はいくと思う。(優勝の)自信は…やってみないとわからないんですけど、あります」と力強く言葉を結んだ。

今年の日本アマに優勝した岡田は、「ティーショットが良ければスコアは作れるかな。得意なコースじゃないですけど、グリーンもアップダウンあるし、フェアウェイにうねっていて難しい」という。日本アマに「勝って得たものも多かったし、良かった。いろいろな試合の資格を得たり、出場のお話をいただいたり、今までなかったことが回ってきたので、うれしかったです。率直に」と環境の変化も楽しんでいるようだ。まずは初日、2日は「手堅くアンダーパーで回って、3日目、4日目にがーんと」スコアを伸していきたいという。

蝉川と岡田の2人は、来週世界アマに向け、今週土曜日に飛び立つ。岡田は「海外のコースはタフだと思うので,こっちでアンダーパーを出しておいて、向こうでも出せるようにしたい」といい結果を残して、旅立ちたい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約