JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【今年ツアーに初出場して、プレースタイルを改めた河邊匠】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
河邊匠(中部学院大2年)は、今年中日クラウンズに出場し、これが彼にとって初めてのレギュラーツアー出場だった。結果はカットラインに2打足らず、予選落ちだったが、そこでトッププレーヤーのプレーを目の当たりにして、それまでの「調子のいいときでも守っていた。パープレーを目指していた」彼のプレースタイルを改めることにした。それからは「攻めるところは攻める」メリハリのあるプレーを目指すことにした。それがここに来て、活かされた。

緊張してクラブが振れていなかった序盤は、ティーショットが曲がった。1番ホールでは結果的には最初のボールが助かっていたが、暫定球を打つシーンもあった。2番ホールではダブルボギー
を叩いたものの、次の3番のティーショットからは「振り切る」ことに集中して、盛り返した。「ずっと課題だったパッティングに助けられた。3メートル以内のパットは全部入った。イージーバーディのパットを決めたのが8バーディの要因です」とこの日8バーディを奪った。ここまで「自分のやれることはやってきたので、行けるところまで行きたい」と満足な表情だった。

8バーディ、1ダブルボギーの6アンダーパー65をマークして、首位と1打差の2位につけた。彼にとってJGA主催競技に出場するのも本競技が初めて。初の日本学生で「目標は予選通過でしたが、初日いい位置につけたのでトップ10に入りたい」と軌道修正だ。このままの調子でいけば、もっと上も狙える。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約