JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【宇喜多飛翔が通算15アンダーパーで2位に5打差をつけて独走態勢に】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
2022年度(第75回)日本学生ゴルフ選手権第2ラウンドが24日、千葉県山武郡のカレドニアン・ゴルフクラブ(7,047ヤード パー71)にて96人の選手が出場して行われた。

朝のうちは曇り時々晴れという天気だったが、11時前から雨が降り始め、11時4分に強雨によるコースコンディション不良のため、プレーが一時中断に。一時はグリーンにも水が浮くほどに強い雨が降ったが、天候はすぐに好転し、競技は12時15分に再開した(中断時間1時間11分)。

前日64をマークして首位に立った宇喜多飛翔(大阪学院大3年)が、この日も8バーディ・ノーボギーの8アンダーパー63をマークし、通算15アンダーパー
にスコアを伸して首位をキープした。2位は首位と5打差の通算10アンダーパーの山下勝将(近畿大2年)。山下はこの日、3番ホールで自身初のホールインワンを達成した。3位には、通算9アンダーパーで下家秀琉(大阪学院大3年)と竹原佳吾(早稲田大1年)の2人が続いている。36ホール終了時点で通算3オーバーパー48位タイまでの57人の選手が明日の第3ラウンドに進む。

●第3ラウンドの第1組スタートは、8時から9時に変更となりました。
第3ラウンド組合せはこちらこちら


宇喜多は、前半5バーディを奪い、通算12アンダーパーまで伸したところで、強い雨のため競技が一時中断に。しかし、1時間11分に及ぶ中断にも集中力を切らさず、後半もさらに3つバーディを奪った。2位に5打差をつけ、独走態勢に入った感がある。「相手を気にするのではなく、しっかり自分のゴルフを大事にしていけたら、調子は悪くないので、それなりに結果はついてくるかなと思います」と笑顔で語った。本競技がストロークプレーになってからの優勝最少スコアは267ストローク(2006年池田勇太 江戸崎CC東C パー70 )。この記録を更新することが出来るか?

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約