JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【最後の日本学生となる鈴木晃祐は諦めない】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
鈴木晃祐(東北福祉大4年)は、この日最初の6ホールで4バーディを奪い,快調な滑り出しを見せた。

6ホールとも2メートルの範囲について、2回外したものの、「4個バーディを獲ったのでよかった」と大きくスコアを伸しそうな手応えがあった。ところが「そこから伸びなくて、ショットがチャンスにつかなくて」、7~8メートルぐらいにしか寄らず、そこからのパットも入らず、後半は2バーディ・1ボギーと5アンダーパー66にとどまり「60点ぐらいのゴルフ」という自己評価になった。

「伸ばし合いになるのは、わかっていた。しっかりバーディを獲れば」とスタート時点では通算5アンダーパーで、そこから上位を狙っていた
。それだけにもっとスコアを伸したかったのだ。第3ラウンドを終わって通算10アンダーパーで、首位の宇喜多飛翔とは12打差をつけられた。

大学4年生の鈴木にとっては、「これが最後の日本学生」と意気込んでいる。2017年に日本ジュニアゴルフ選手権(男子15~17歳の部)に勝っており、自身2つめの「日本」タイトルを目指している。「まだ、わからない。やるしかない。優勝目指して頑張ります」と最後まで諦めない。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約