JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【2日目に続き、出利葉太一郎は好調をキープ!3Rは「62」をマーク】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
3日目をプレーを終えた出利葉太一郎(日本大学3年)は、これまでの2日間とは違って「とても疲れました」と話した。

スコアが悪くて大叩きしたわけではなく、むしろその逆。この日は9バーディノーボギーの62。通算17アンダーで単独2位につけた。9バーディというのは9ホールでバーディを奪取したわけで、そこに疲れる要素などない気がするのだが。

「プレー中は感じていなかったけれど、最終18番ホールで第2打の後、久々にドキドキしました。それまではスコアに意識せずプレーしてきましたが、最後はバーディを意識的に狙ってプレーしたら、その気持ちが強すぎたのか、どっと疲れました」と話した。

この日、前
半のターニングポイントは、やはり9番ホール。ティーショットはスプーンでやや右サイドのフェアウェイをキープ。残り159ヤードを9番アイアンでショットしたボールはピンまで約7メートルに位置につけ、この長いバーディパットを沈め、前半3バーディノーボギーの33でハーフターンした。

迎えた後半は、前半より増してショットが冴える。全てのホールでパーオンし、10番、11番は惜しいバーディパットを外してのパー。12番から15番は4連続バーディ、16番もバーディチャンスを逃してのパー。そして17番、18番と連続バーディを奪ってホールアウトした。

初日から首位を独走する宇喜多飛翔(大阪学院大学3年)とは同学年で、しかも出利葉は2001年5月12日生まれ、宇喜多は2001年5月16日生まれと誕生日まで近い。ラウンドを終えクラブハウスで顔を合わせれば、お互いの好スコアを「ナイスプレー!」と称え合える関係だ。今年はそれぞれ地区アマチュアを制し、互いにプロの試合にも出場するなど、日本アマチュアを制しナショナルチーム入りした岡田晃平(東北福祉大3年)らとともに、現4年生が卒業した後の学生ゴルフ界を牽引するであろう逸材である。

「宇喜多も調子が良いですが、諦めずにプレーしたいです。自分自身、明日の試合が最後までどう展開するのか楽しみです」と語った。

初日は本人曰く“ここからバーディが取れるの?”という場所からバーディが取れるなど、今大会は初日から運にも恵まれていると感じているという。

そろそろ「日本学生」のタイトルを日大が奪還してもいい頃である。今年の出利葉なら、やってくれるだろう。我々もその戦いぶりを楽しみたい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約